ひとりNAVIコム

1人暮らしの予算・部屋探し・生活費・引越し・防犯対策・トラブル対応などを紹介しています。

是非参考にしてほしい☆引越し前に済ませておきたい手続きと準備

      2017/05/03

物件の契約も済んであとは引越しだけ、の段階になったら準備したい手続きについて実体験をもとにまとめました!
手続きにかかる日数も記載しているのでご参考ください。
引越し前リスト

1.引越し日および引越し業者を決める

引越し業者の予約 繁忙期は特に早めに見積もりや予約をする

退出日を決める前に予約しておきたい引越し業者。
なぜなら、繁忙期は希望日に予約が取れない可能性があるのです(→私がまさにそうでした)。
私は引越し日を予約してから、賃貸管理会社に退出日を連絡しました。
通常、管理会社に退出日の書面連絡が必要なので(契約書に記載されているのでご確認を)、その日程も考慮して余裕をもって早めに予約するのがベストです。
また、管理会社には退出の書面連絡の投函とともに電話などで退出日を口頭でも連絡しておくと、よりスムーズになると思います。

□ 引越業者の予約

引越し希望日は複数日を考えておくのがベスト!
希望日を決めたら、すぐ予約や見積もりの申込みがオススメです。
業者に見積もりを聞いたあと、日によって金額が異なったため数日引越し日の検討をし、予約の電話をかけたところ、予約が埋まってしまい希望日の引越し予約ができなかった私からのアドバイスです。
キャンペーン金額の人数枠を設定している業者もあり(人数枠を超えた場合は通常金額)、同日でほぼ同内容であるにも関わらず引越し金額が異なる場合もあるので、とにかく引越し予約は早くが鉄則です!
嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

2.引越し日が決まったら

役所「転出届」 引越し前に手続きする
郵便局「転居届」 7~10日より前
電気 立会不要
契約アンペア数変更時は早めの連絡(立会が必要な場合がある)
ガス 立会必要のため、予約が必要。少し余裕を持って連絡
水道 直前OK、立会不要
固定電話
光回線 引越し先に設備があるか確認(回線がない場合は工事が必要)
工事する場合は予約が取れるよう2週間前に連絡がベスト
プロバイダ業者 直前OK ※継続利用時

詳細は下記に記載しました。

□ 役所の手続き(県外や市区町村が変わる場合)

転居前の役所で転出届(てんしゅつとどけ)の手続きをします(「転出証明書」を受け取る)。
本人確認書類と念のため印鑑を持参します。結構、面倒です。

□ 郵便局

郵便局窓口で転居届けに記入し提出します。インターネット上(郵便局のe転居のページ)でも手続きが可能です。

  • 転送期間は、届出日から1年間有効
  • 旧住所が確認できるものを持参(免許証OK)
    私の場合ですが、変更後の住所確認の書類提示は求められませんでした。
  • 手続きに7~10日かかる(2017年3月に窓口で手続きした際)
  • 金融機関や公的機関などの送付物に多い「転居不要」の郵便物は転居届をしても転送されないため(局によっては転送してくれるよう)、別途住所変更連絡をしなければならない

□ 電気

引越しの連絡をする前に転居先に設置されている契約アンペアを確認します。
※管理会社に連絡すると教えてもらえると思います。

注意したいのは、自分の契約アンペアが引越し先で自動的に適用されるわけではなく、引越し先の設置されているアンペアが適用されてしまうということ。
転居先のアンペア数を変更したい場合は、設備が変わるので(費用は電力会社負担のはず)管理会社に連絡し、事前に変更の了承をとっておく必要があります。

  • 契約アンペア数が転居先のままで良い場合は立会は不要
  • 転居先のアンペア数を変更する場合は立会が必要になる場合も(※設備の設置形式による)
    ※アンペア数が大きいと基本料金が高くなります。

転居先のアンペア数を変更した話

私の場合は、転居先のアンペア数が現在の契約アンペア数より高かったので、低いアンペア数に変更したい旨を管理会社に連絡して了承をとった後に電力会社に連絡しました。
引越し日に立会のもと、希望のアンペア数に設定してもらいました。
電力自由化で電力会社は他社で契約をしていても、設備交換は電力会社が担当すると聞きました(→神奈川県にて。設備交換は東京電力が担当となっているとのこと)。
電気は他社で契約しているという場合、他社から電力会社に連絡する、もしくは自ら電力会社に連絡する必要があるようなので、アンペア数を変更したい場合、連絡が遅いと設備交換が希望日に間に合わない(=基本料金に影響)こともあるので早めの連絡がオススメです。

月途中で変わる場合は、料金は日割り計算になります。転居前と先で重複の使用が可能(料金はそれぞれ請求されます)。

□ ガス

契約会社に電話連絡します。
転居前住所のガス栓を閉める手続き(立会不要)と転居先のガス栓を開ける手続き(立会必要)が必要になります。

給湯器燃焼テストを実施してもらった話

昔は5分程度で終了しました。
2017年の引越しのガス開栓の立会にて、給湯器燃焼時の一酸化炭素濃度確認を希望したため(給湯器が10年以上経過している場合、検査を自己判断で勧めているとのこと)、ガスの説明を含めトータルで20~30分程度かかりました。
給湯器使用は10年超えても使えるけれど、超えないほうが良いそうです。燃焼濃度確認の結果がもし危険な数値が出てしまった場合は使用禁止となってしまいます(法的に使わせることはできないとのこと)。使用禁止になった場合は即管理会社に連絡します。賃貸オーナー負担ではありますが、給湯器の購入と設置するまでお湯が使えなくなってしまいます。

月途中で変わる場合は、料金は日割り計算になります。転居前と先で重複の使用が可能(料金はそれぞれ請求されます)。

□ 水道

水道局営業所に使用したい日を電話連絡します。
転居前住所の閉める手続きと転居先の開ける手続きが必要になります。
立会は不要です。転居先で開栓のレバーがあれば管理会社に教えてもらいます。また、転居前のレバーは閉めて退出したほうが良いです。

月途中で変わる場合は、料金は日割り計算になります。転居前と先で重複の使用が可能(料金はそれぞれ請求されます)。

□ 固定電話

電話連絡またはインターネットで手続きします。
ひかり電話に関しては、下の「インターネット回線業者」記事もご参考ください。

□ インターネット回線業者

電話もしくはインターネットで手続きします。
光回線の場合、転居先に環境がない場合は工事や予約に時間がかかるので要注意。

転居先に光回線設備がなかったので工事した話

インターネットは光&固定電話はひかり電話を使っています。
転居先が光回線が通っていない(光回線≠電話回線)建物であったため(NTTに連絡すると調べてもらえます)、管理会社を通してオーナーに了承をとり、NTTさんに配線工事をしてもらいました。
ごくまれに構造上配線不可の物件もあるそうです。電線の場所の関係や建物上の構造で隣の部屋には回線が引けるが自分が住む予定の部屋には回線が引けない、ということもあるらしい。
東京の中野周辺で設置不可ということがあったとNTTさんより聞きました。都会であってもダメな場合があるようです。

無事工事ができた環境ではあったのですが、工事費用は私が負担しました(契約前だったら交渉次第でなんとかなったかも?!)。
半額キャンペーンとのことで通常18,000円が9,000円。半額でも高い・・・。
また、工事日から基本料金がかかります。電話を使用している場合は、引越し先では使えるようになりますが、引越し前では電話が使えなくなります(同じ電話番号を2か所で使えるということは物理的にできない)。

立会が必要であり、部屋に配線を通す作業になるので作業時間は数時間かかります。
混雑時期は希望日に予約ができないため、早めの申込みがおすすめです。
2017年3月時の情報ですが、光回線の開通申込みは電話連絡をしてから予約まで1週間後の日で予約する必要がありました
こちらも繁忙期は希望日の予約ができないので、早めの連絡がオススメです。

余談ですが、光回線の工事はインターネット環境がないと思ったのでしてもらいました。
のちのち管理会社で契約した際に、ケーブルテレビのパンフレットが見えたので、ケーブルテレビの環境について聞いたところ、あるとの返事が…。
インターネット、別に光回線にこだわっていないのに。ケーブルテレビあるなら言ってよ…。
なんで教えてくれなかったんだ!という気持ちでいっぱい。
「ケーブルテレビの環境はないですか?」と事前に聞けたら良かったなと、知識が不足していると損するなと思った一件でした。9000円自腹は厳しい…。

□ プロバイダ業者

プロバイダ業者へ住所変更連絡をします。インターネット上でできるところがほとんどです。

3.引越し前に用意しておきたいグッズ

関連記事
人をダメにするベッドなど1人暮らしにぴったりなグッズあれこれ♪

□ カーテン

入居前にサイズを測っておき、用意しておくのがベストです。
カーテンがないと部屋が丸見えになってしまいます。夜に電気をつけると最高に目立ちます。
どうしても間に合わなかった場合は、段ボール箱を解体して広げ、窓に立てかけたり、荷物の箱を窓際に積み重ねるという応急措置を取りましょう!

□ キズ防止グッズ

「クッションフロア」は要注意。フローリングよりはるかにキズがつきやすくて驚きました。
フローリングの部屋からクッションフロアの部屋に引越したのですが、引越しが終了後、衣装ケースやスチールラックの下をチラ見するとすでに底面の跡がついていました・・・。
慌ててダンボールを敷きました。キズ防止の床マットはただ今Amazonと楽天で注文中です。
私のようにキズ防止グッズの準備が間に合わない場合は、部屋にモノを運んでもらう前に解体したダンボールを床に並べて置き、その上にラックや棚を載せてもらうようにしたほうが良いです。

スポンサーリンク

 - 引越し