ひとりNAVIコム

1人暮らしの予算・部屋探し・生活費・引越し・防犯対策・トラブル対応などを紹介しています。

1人暮らしの引越し方法4パターンとその予算を公開

      2017/02/24

同僚や友人に引越しの話を聞くと、色々なパターンがあるなと思います。費用が安い順に実例を4パターンご紹介します。
ご参考頂ければと思います。
引越しパターン

目次

業者に頼まず自力で引越
時間制で課金の個人業者に依頼
見積もりで一番安い業者に依頼
梱包も全て業者さんに丸投げ

業者に頼まず自力で引越

同僚のケース。
大型車をレンタル契約し、自分で車に荷物を載せて新居まで運転し荷物も自分で部屋に運んでいました。

手伝ってくれる友人がいる場合は、お礼としてお昼をご馳走したり謝礼を渡したりすると聞きます。
引越しを手伝ったという知人達は、食事(お寿司やおそば)をおごってもらったり、ビール券をもらったりした、と言っていました。

予算

車レンタル料金
(荷物の量によって金額が変わると思います。同僚はワゴン車を利用していました。)

このパターンが向く人

  • 引越し費用を抑えたい
  • 体力に自信がある(冷蔵庫を運ぶこともできる)
  • 時間に余裕がある

時間制で課金の個人業者に依頼

私のケース。
時間制で課金される赤帽(アカボウ)さんに依頼しました。連絡先はタウンページで探した記憶があります。

赤帽=軽貨物運送業を営む個人経営(協同組合組織)

予算

2時間8,000円程度。2時間以内で完了。
※10年以上前の相場。消費税5%時代。

このパターンが向く人

  • 引越し費用を抑えたい
  • 引越し前の場所と引越し先の距離が近く、短時間で荷物を運べそうな場合
  • 荷物が少ない場合
  • 業者が来る前に自分で梱包を済ませておくことができる人

頼んだ結果

担当1人。冷蔵庫も2階から1人で背中にしょって降ろしてくれました。

見積もりで一番安い業者に依頼

私のケース。
引越し時期は8月下旬。引越し先は冷蔵庫やレンジ、布団などが設置されている会社が用意したマンション。
数か月の限定で家電も設置されている物件だったため、荷物は衣類ケース3つと段ボール箱2個と少なめ。見積もりが一番安かった業者を探して依頼しました。高価なものはなかったため、特に問題なく完了。

予算

1万円ぐらい。見積もりと実際に請求された金額も同じでした。
嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

時期によっては予約が混雑するので、引越し希望日になかなか予約できないこともよくある話です。見積もりサイトは複数業者の見積もりが簡単にできるので便利です。

梱包も全て業者さんに丸投げ

私のケース。
仕事も忙しく家主の都合により急な引越しを迫られたため、梱包もほとんど業者さんに依頼しました。繁忙期まっただ中の3月半ば日曜午前中に引越し。

予算

見積もりでは10万円と言われる(正確には11万7285円だったが、割引で10万円になった)。内訳を下記に掲載。
実際の支払いは家主のため、最終請求金額は不明。

見積もりの内訳

引越見積書のデータ。下記の合計金額ではなく(さらに割引して)10万円と言われました。

小物箱詰め(1名) 15,000円
大物梱包・搬出(2名) 50,000円
ワンボックス 28,000円
引越基本料 10,000円
資材料 15,000円
資材引取料 3,000円
10%値引き -9,300円
消費税5% 5,585円
合計 117,285円

(補足)私のいろいろな制約

  • 見積もりは部屋に来てもらい、荷物を確認してもらった
  • 引越し先は同建物内で部屋の変更(下階から上階)
  • 繁忙期の3月に引越し
  • 比較検討せずに大手引越し業者に依頼
  • 荷物が多い
  • 梱包もすべて依頼
  • 駐車スペースが物件にないため、車両の駐車場料金も含まれる
    (駐車場まで一度運んでから再度運ぶという手間代が考慮されている見積もり)

このパターンが向く人

  • 引越し費用の予算に余裕がある
  • 自分で梱包できない場合

頼んだ結果

スタッフさんが7人くらい来てくれ、てきぱきと作業をし、2.5時間程度で終了。
見積もり想定手順とは違い、車両にいったん積むことなく部屋から直接部屋へと荷物を運んでもらいました。
荷物は前の部屋と同じ位置に設置してくれました。

引越しを業者に丸投げした理由

家主さんの一方的な都合だったので、私の希望する業者さんにしてもらいました。
仕事が忙しい時期だったので、引越し時期を数カ月ずらせないか交渉したのですが、早く対応してほしいと言われたので、梱包も含めて業者さんにお任せすることになりました(※一部の荷物は業者さんが来る前に自分で運びました)。

時期によって、同じ業者でも引越しの費用は変動するそうです。年中CM放送されている大手業者の引越しパック料金が、3月末~4月の繁忙期は適用外の通常料金だったりします。
荷物の具体的な量が分かったら、複数の業者の比較・見積もりをしてもらうのがオススメです。金額の差が激しいです。
見積もりが不満であれば、ダメ元で割引や予算内で対応可能かどうかを交渉してみても良いと思います。

引越し先に荷物が届かないトラブルが…

私のケース。進学したときの引越しトラブル。
業者さんが他の方の荷物の伝票と私の荷物の伝票を入れ間違えてしまい、他の人の荷物が自分の部屋に届いたことがあります…。

購入していない洗濯機が玄関にあり、その洗濯機の中にはトイレットペーパーがぎっしり入っていました(笑)!
調査して頂いた結果、地方に届けてもらうはずの私の荷物は東京に運ばれたとの連絡がありました。当日対応はできないという大変困った状況。

荷物が届かなかったせいで翌日の入学式で使用するスーツや靴が間に合わず、急いで購入しに行きました。寒い季節だったのでコートも欲しかったのですが、業者さん弁償のため金額的に申し訳ないので購入せず、翌日寒くて震えた記憶があります。
(引越し費用は全額業者が持つと言ってくれたのですが、父が折半でいいと譲歩したため、半額の支払いになりました)

この件を周りに話したところ、友人のお友達がも同様に荷物を取り違えられたと聞きました。しかも同じ業者さんでした!現在はさすがにシステムも発展したと思うので、こんな間違いは起こらないのではと思います。


スポンサーリンク

 - 引越し