ひとりNAVIコム

1人暮らしの予算・部屋探し・生活費・引越し・防犯対策・トラブル対応などを紹介しています。

インフルエンザ予防接種を受ける前と受けた後に知っておきたい情報

      2018/02/19

予防接種の効果的な時期だったり、費用だったり、接種後のかゆみの対処だったり、インフルエンザ予防接種に関する知っておきたい情報をまとめました。

はじめに基本的な情報をひとつ。
インフルエンザは風邪と違って全身に痛みが現れるのが特徴だそうです。

influenza

インフルエンザ予防接種の費用は病院によって違う!

インフルエンザ予防接種は保険がききません。
またワクチンの料金は病院で決めるので病院によって同じ効果であるにも関わらず、価格の開きがあります。

2008年に近所の2つの病院(横浜市内)に予防接種の費用を問合せしたところ、2つの病院の価格差はなんと1,200円でした!
金額の開きが大きくてびっくり。
ただ、価格が安い病院での受付が終了していたため、価格が高い病院で予防接種を受けてきました。
下記は問合せをした2008年の料金比較と全国平均のデータです。

F病院 Y病院 全国平均
2,800円 4,000円 3,066円

F病院のインフルエンザ予防接種費用の変動

2009年以降、私がインフルエンザ予防接種で毎年お世話になっているF病院。
インフルエンザ予防接種金額の遷移は下記のとおりです。
2015年は予防接種のワクチンの種類が増えたという理由で価格が上がりました。

2008~2014年:2,800円
2015~2017年:3,500円(700円UP)

スポンサーリンク

早めに予約した方がいい2つの理由

1.ワクチンは完売、不足する場合がある

2008年の1月過ぎに、予防接種費用が安い(2,800円)F病院に予約をしようと電話したところ、ワクチンが完売のため予約ができませんでした。
仕方なくその年は料金が高めのY病院(4,000円)で予防接種を受けました。

予防接種効果はどの病院でもほぼ同じため(ワクチン製造会社は異なるけれど効果は同じハズ)、費用が安い病院で問題ないのではないかと思っています。

事前予約が必要な病院もあるため、念のため、事前に問い合わせしたほうが安心です!

また、2015年は全国的にワクチン不足という報道がありました。

ワクチン製造会社は1社じゃない

インフルエンザワクチンは複数の会社で製造していることをニュースで知りました。
2015年は4社で製造されていました。効果は同じとのことですが、全く同じものというわけではないそうです。
2016年に受けた予防接種(F病院 3,500円)のワクチン製造会社は「デンカ生研」のものでした(たまたま見えた!)。

病院ごとに価格が異なる理由のひとつとして、取引会社によってワクチンの価格が異なるからなのかもしれません。

2.土曜日に予約したい場合は早めに予約する

すぐに行けなくても予約だけ早めにしておくと安心です。土曜日の予防接種予約は一般的に殺到します。
2014年は土曜日の予約にこだわったところ、2週間先の予約日になりました。
2015年は12月初旬に予約の電話をしたところ、土曜日希望だと予約が来年になると言われたため、仕方なく年内平日に予約を入れてもらいました。

効果発動期間と持続期間

ワクチンの予防効果が期待できるのは、接種してから(小児の場合は2回接種した)約2週間後に効果を発揮し、効果は5カ月程度とされています。

個人的には11~12月が予防接種時期として最適ではないのかな、と考えています。
また、予防接種の効果はだんだん薄くなってくるそうなので、その点も考慮して予防接種を受ける時期を決めた方が良さそうです。

効果持続期間を単純計算すると
10月に予防接種(+5カ月)→2月まで
11月に予防接種(+5カ月)→3月まで
12月に予防接種(+5カ月)→4月まで
1月に予防接種 (+5カ月)→5月まで

予防接種を受けてもインフルエンザにかかってしまう人もいます。実際に同僚にいました。
でも予防接種を受けたにも関わらず発症した、という場合であっても、受けない人と比較して症状がひどくならないとニュースで聞きました。
ちなみに発生予防効果は70~90%とのことです。

厚生労働省の感染症・予防接種相談窓口
インフルエンザ、性感染症、その他感染症、予防接種全般について相談可能。

月~金(※土日祝日、年末年始を除く)
電話番号:03-5276-9337
受付時間:9:00~17:00

厚生労働省HPより抜粋(2015年11月8日 現在)

スポンサーリンク

予防接種前後に気をつけたほうが良いこと

病院で頂いた注意事項プリント内容を抜粋&まとめました。

  • 体の調子が良いときに行く。
  • 注射後、30分は安静にする。
  • 接種してから1日は体調に注意すること。
  • 接種日はお酒を飲まない。
  • 予防摂取後の入浴は問題ない。
  • かゆくてもかかない。

予防接種後に発熱してしまったことのある私が思う、上記のなかでも超重要事項は「予防接種後、安静にする」ことです。

関連記事
2015年、インフルエンザ予防接種後に発熱とだるさが出て寝込みました

腕が腫れたり強いかゆみがある場合の対処法

前年の予防接種後に腕が腫れたり強いかゆみがあり、ついついかいてしまうと医師に話したところ、予防接種後に局部が腫れてしまった場合は、アイスノンで冷やしても良い、とアドバイスされました。
ただし、1週間経っても腫れが引かない場合はご相談くださいとのことです。

私はほぼ毎年、予防接種後に腕が腫れてしまうことが多いです。
症状ですが、皮膚表面が固くなって赤く腫れて熱を持ち、かゆくなります。5cmくらいは腫れていると思います。
外出時にかゆみが発生して我慢できない時は、かかずに周辺を軽くたたいたりしてなんとかやり過ごし、自宅では(ケーキ持ち帰り時につけてくれる)ミニ保冷剤を使って冷やす、という対応を取っています。

 風邪予防に効果的な対策

最適な手の洗い方

石けんをつけて手をもみ洗いする最適な時間の目安がTVで紹介されていました。ハッピバースデートゥユーの歌を2回歌うとちょうどいいそうです。

風邪に効果のある食品

ネギ

青い部分の内部にあるジェル状の成分に抗菌作用があるそうです。
捨てずに焼いたり蒸したりして頂きましょう♪十分に加熱すると甘くておいしいです。

お茶でうがい

お茶は抗菌作用があります。
静岡の幼稚園で園児がお茶でうがいをしている様子がTVで紹介されていました。

マヌカハニー

効果高いという口コミが多数あり。
世界でも認知度が高く愛用者が多いマヌカハニー。
高い効果が期待できるのですが、ちょっとお高いです。
私も試しました。体内メンテナンスに良いと話題のマヌカハニーを初体験

 - 健康