ひとりNAVIコム

1人暮らしの予算・部屋探し・生活費・引越し・防犯対策・トラブル対応などを紹介しています。

レビュー写真が衝撃的だった過炭酸ナトリウムで洗濯槽を洗浄してみた

   

洗濯槽の汚れが気になってきました。
Amazon のレビュー写真が衝撃的だったメーカーの過炭酸ナトリウムを使って洗濯槽を洗浄しました。
※【注意】この記事には、洗濯ネットに入っていたごみの写真があります。

1回分2000円の洗濯槽クリーナーで洗浄した際に調べて知り、気になっていた商品でした。

関連記事
高額すぎる!1回2000円の家庭用洗濯槽クリーナーを使ってみた

株式会社KEKさんの過炭酸ナトリウム

使ったのは株式会社KEKさんの過炭酸ナトリウム。正味量 1kg。楽天やyahooでは現在のところ、販売されていません。

自宅近くのドラッグストア2店舗にも探しに行ったのですが、取り扱いされておらず。
なのでAmazonで購入しています。
ちなみに私はAmazonプレミアム会員ではなく少額の商品購入だと別途送料がかかってしまうため、送料無料になるように他の商品と一緒に注文しています。
2018年2月下旬に408円で購入しました(※Amazon 販売価格)。

2018年7月現在の価格は769円(※Amazon 販売価格)。
価格幅、やや大きいです。値上がりしたのかもしくは私が購入した際はキャンペーン価格だったのかもしれません。

この商品の購入者レビュー写真がとにかく衝撃的すぎる!
黒いカビ汚れで水面が覆われている写真がたくさんありました。

半年前くらいに他メーカーの過炭酸ナトリウムで洗濯槽洗浄をやっていますが、ごっそり、とまでは取れませんでした。
同じ過炭酸ナトリウムであってもメーカーによって違いがあるのか気になっていたので、この度検証してみました☆

使用方法

下記にパッケージに記載の「用途:洗濯槽の洗浄」箇所を抜粋しました。

使用量:500g程度
使用方法:洗濯槽にお湯(風呂の残り湯でも可。理想は50度位)を高水位まで入れ過炭酸ナトリウムを500g程度入れて3-4分攪拌(洗濯)し、できるだけ長時間(できれば1晩)おいておきます
その後改めて3-4分攪拌(洗濯)し、浮遊したゴミを丁寧にすくってから排水します。
洗濯槽の汚れやカビが取れキレイになります。
※ご注意 すぐには溶けませんが、時間が経つと溶けますので、溶け残りは気にしないで下さい。
また、浮遊したゴミやカビはしっかりと取ってください。
カビを残してしまうと再び汚れる速度が早くなります。排水後、念の為もう一度すすぎを行うと確実です(すすぎはお湯でなく水で結構です)。
汚れやカビが多い場合は1回だけではキレイにならず、2回以上洗わなければならない場合がございます。

使用レポート

マチが狭い右側にハサミを入れ開封。
口は小さめにカットしたほうが良いです。4cmくらいカットしてしまったのですが、1cm程度で良かったなと思いました。

はかりがあるので過炭酸ナトリウムを500gぴったりに計量しました。
粒は大き目で固いです。溶けにくそう。

より正確な結果を知りたいので、くず取りネットについているゴミはガムテープを使ってきれいに取りました。

お湯に過炭酸ナトリウムを入れる

使用方法に記載のお湯の推奨温度は50度でしたが、冷めることを想定して60度のお湯を洗面器にくんで投入しています。
まずは洗濯槽にお湯を半分だけ入れます。よく溶けるようにするため、この状態で過炭酸ナトリウムを入れ、残りのお湯を投入しました。
過炭酸ナトリウムを入れると、シュワシュワと音がしました。

洗濯機の「洗い」のみ実行します。
回し終わった直後、洗濯機を開けると細かい泡で真っ白になっていました。

5分後は泡は消えていました。くず取りネットの中を見ると昔(?)の洗剤カスが入っていました。

1晩ほど置くのが良いとのことなので、12時間ぐらい置こうと思います。

1時間以上経過後、気になって洗濯機を開けると油膜と洗剤カスが浮いていました。
シュワシュワ音、まだしていました。汚れ落ちの期待大です。

15時間ほど経過後、洗濯槽を回す

12時間の予定でしたが、うっかりしてしまい気づいたら15時間経過。
「洗い」をやってみるも黒いカビは浮かんでこず。あれ?
2回目の「洗い」→(洗浄液は排水)→「すすぎ」(一時停止)にし、たまった水をよく確認すると、白いゴミ、洗剤カスがちらほらと浮いていました。

洗濯機のくず取りねっとを取り出してみました。主に白いゴミが溜まっています。
黒いひらひらは見当たらず。
黒カビ汚れがないのは1年以上前の洗濯槽クリーナーと半年前の他メーカーの過炭酸ナトリウムの洗浄のおかげかな(と思っていたのですが…)!
下の写真はくず取りネット(上のゴミ)を取って乾かした状態です。

夜遅くなったということもあり「すすぎ」は回さずに水をためた状態で一晩つけ置くことに…。
水面は薄い油分膜がはっており、白いひらひらゴミや石けんカスがいくつか浮いていました。

2回目のすすぎ

1回目のすすぎの水を捨て、2回目のすすぎをしました。
なんと1回目では出なかった黒いひらひらゴミが洗濯槽に出現!しかも大きいサイズ…。
なぜ1回目に出なかったんだろう。。
洗濯槽にしつこく黒カビがこびりついているのではないかと不安になりました。
くず取りねっとのゴミを取り出しました。半乾き状態です。
洗濯槽に浮かんでいた黒いひらひらは下記写真の右下の固まりに含まれているのではないかと思います。

3回目のすすぎ

くず取りネットからまだ出るゴミ。

4回目のすすぎ

まだ出るゴミ・・・。

いつまですすげば良いの…

5回目「洗い」コースをやった後、くず取りネットを確認してみると、白いひらひらゴミが入っていました。
すすぎを繰り返してもゴミが出ている状態ですが、水がもったいないのと洗濯ができず洗濯物が溜まっていく一方なので、いったんすすぎは終了することにしました。
溜めすぎた洗濯ものが片付いたら、もう一回過炭酸ナトリウム洗浄やってみようかなと思います。

1回通常の洗濯をしたところ、くず取りネットに洗濯物のゴミの中に白いヒラヒラゴミが混じっていました…。
洗濯槽のゴミはいつまで取れ続けるんだろう…。

この商品、また買う予定です。

使える!便利ワザ★

使用レビューの中で、洗濯槽に浮いた黒いわかめゴミを針金ハンガーにストッキングのようなものをかぶせて取った、という方がいらっしゃいました。
賢い!!
ゴミをすくう”アミ”を別途準備していないので、もし洗濯槽の水面がゴミでいっぱいという状況であれば、この方法を使う予定でした。
今回はすくうほどゴミが浮いてこなかったのでやりませんでしたが、洗濯槽のゴミをすくいたい方は是非、ご参考ください。

 - トラブル対応