ひとりNAVIコム

1人暮らしの予算・部屋探し・生活費・引越し・防犯対策・トラブル対応などを紹介しています。

5千円程度で買いたい!お手頃なタワー型扇風機の調査&購入レポート

      2017/07/17

賃貸設置クーラーのカビ臭が気になるので、電気料が安くて場所をとらないタワー型扇風機を購入することにしました。暑い日が続いているので緊急調査中です。私の予算は5000円前後…。

つい先日、店頭の扇風機コーナーで下見をしてきました。良いなと思った機種と価格をメモ。
帰宅後、仕様や口コミの詳細を調べて候補を絞り、対応表を作成しました。比較しやすいまあまあ良い表になったと思います。
この中のどれかを買う予定。(後日購入!違う機種だけど…レポートも掲載しています)

もちろん全てのネットショップではないですが、送料&税込で電気屋さんより価格が安い店舗があって驚きました。

タワー型扇風機の機能別価格帯

調査していて分かったのですが、5,000円以下の価格帯のタワー型扇風機はリモコンはついておらず。
タワー型扇風機の搭載されている機能別の価格帯はこんな感じです。

  • リモコン付き:5,000円以上
  • タイマー付き:6,000円台ぐらいから
  • 静音タイプ:1万円以上
  • 上下首振り:1万円台

ちょっとお得に購入したい場合

同機種であっても人気のカラーが少し価格が高いというケースがありました。

そして過去機種は安く販売されています。機能は大差なく若干のデザイン変更程度ということも多かったです。
抵抗なければお得に購入できるので狙い目です。

下のほうに具体的に記載していますが、タイマーは他メーカーでコンセントにつけるタイプが販売されています。

調査レポート

私が最終的に絞り込んだ機種は「TF-821-K」、「YSS-J805」、「YSR-N784」の3つ。
価格帯は、3,180~6,200円

型番 (1)TF-821-K (2)YSS-J805 (3)YSR-N784
メーカー TEKNOS 山善(YAMAZEN) 山善(YAMAZEN)
首振り あり(角度不明) あり(70度) 左右
タイマー なし なし 1・2・4時間
強度 3段階 3段階 3段階
重量 2.7kg 3.0kg 3.0kg
電力(50/60Hz) 28/31W 34/39W 32/36W
高さ 74cm 80.6cm 78cm
(縦)×(横) 22cm×22cm 22cm×24cm 22cm×24cm
リモコン なし なし あり
1時間の電気料 約1.0/1.1円 約1.2/1.4円 約1.2/1.3円
販売開始日 2016年4月頃 2016年3月頃 2016年3月頃
調査時最安値 3,170円~ 5,490円~ 6,200円~

注意点
● 掲載の価格帯は調査時点(2016年6月)での最安値店の価格です。
※日々、販売価格は変動します。
また、最安値店の商品が売り切れて、高い販売価格の商品が残ることもあります。

● 表の[1時間の電気料★]は、自分の契約をもとに概算しました。計算の詳細はこちら
→1時間1W(ワット)使用で0.036円として計算(私の契約!)※小数点第2位を四捨五入

(1)テクノス(TEKNOS)「TF-821-K」

Web上に説明書があったのですが、丁寧で好印象が持てます!

(2)山善(YAMAZEN)「YSS-J805」

フィルターは着脱可能です。
フィルターを清潔にしておかないと稼働音がうるさくなる、手動スイッチを押したとき本体のぐらつきが気になる(=不安定)という口コミがありました。

過去モデルである2014年版の「YSS-J803」であれば、送料込でギリギリ5,000円以内で販売している店舗がありました。
(終了しています→)楽天市場某店舗にて数量限定で6/23(木)12:59まで送料込・税込で3,990円でした!もうこれにしよっかな…。

山善スリムファンの型番と販売年数の対応表

調査中、全く同じ(に見える)デザインなのに型番が異なる、というのが沢山出てきて混乱しました。
えーー?どれが最新モデル??
ということで、複数ショッピングサイトを調査し、販売年数と型番を表にまとめました。
謎が判明してすっきり。
なお、独自調査内容となるため、参考程度にご覧ください。

YSS-J803 2014年4月
YSS-J804 2015年4月
YSS-J805 2016年3月
YSR-N781 2012年4月
YSR-N783 2015年4月
YSR-N784 2016年3月
YSR-T80 2016年3月

※調査結果は調べたものだけを掲載しております。
※販売月に関しては多少の誤差があります。

同じデザインなのに値段が異なるのは、昔の型番なので安くなっていると思われます。
そして、YSR-T80はカーボンブラックよりホワイトグレーのほうが安い。

機能的には一見変わっていないように見えたので、後日メーカーに問い合わせたところ、フィルター取り外しのつめの数(=デザイン)が違うという回答がありました。本体に関しては変わっていないとのこと。

補償期間は昔発売された機種でも最近発売された機種でも同じなので、抵抗なければ昔の発売機種を購入した方がお得です。
価格が全く同じであれば、もちろん最近発売されたものを購入した方が良いです。

(3)山善(YAMAZEN)「YSR-N784」

上記機種と性能が類似のタイマー・リモコン付きの同メーカー別機種。デザインも少しだけスタイリッシュ感が増しています。「YSS-J805」との価格差は調査時点で700円程度です。

(候補落)エスケイジャパン「SKJ-KT33TF」

2015年5月頃に発売の商品。調査時点の最安値店では3,980円でした。
2時間切りのタイマーが付いています。1時間あたり約0.9円の電気料(最大26W)。
首振り角度は50度まで。
昨年販売の商品だったということと、風量が弱いという口コミがあったので候補から外しました。

やっと購入!

購入第1候補だった「YSR-N784」は、最安値店舗は売り切れ…

他機種も最安値店舗の候補モデルが売切れ始めていて超絶あせった昨日。
完売したら後悔すると思い、ついに本日早朝(2016/6/22)に注文を確定。

買うまで結構時間かかりました。
調査した機種で、気にならないという人も多かったですが稼働音が気になるという口コミがちょいちょいあったので迷いました。

迷った末、購入したのは「YSR-T80」!

楽天内ショップにて運よく決算セールのお店があったので購入!
税込&送料込で5,832円!

ホワイトグレーを注文!!
ちなみに同機種のカーボンブラックのほうが値段が高いです。
カラーはどちらでも構わないという方は、ホワイトグレーが安値なのでおすすめです。

<タイマーが無い機種「YSS-J803」+タイマー別購入>にしようかと迷いましたが、タイマーを設定するのにその都度コンセント口に行くのも面倒だなと思い、タイマー付機種を購入することにしました。

「YSR-T80」を使ってみての感想

床から通気口まで約27.5cmあります。この空間には風が当たりません。
通気口は縦の長さが約40cmあります。床から27.5~67.5cmの高さで送風されます。

● リモコンがあると、やっぱり楽
口コミどおり、本体のボタンを直接押したときやぶつかったときの安定性に若干欠けます。
下に何か敷きものを購入する予定ですが、リモコン操作であれば本体も揺れることがないのでリモコンはあったほうが良いなと思いました。

横になる(寝ころぶ)と体に風が当たらない
この機種に限ったことではなく、タワー型扇風機全般に言えること。
風は通気口があるところからしか出ないという当たり前の事実に「しまった!」と思いました。購入前に気づかなかった盲点です。(私だけ?)
足元や床にも風が欲しいという希望がある場合は、上下首振り機能付きのタワー型スリムファンを購入するか、角度が自由自在に変えられる扇風機がオススメ。

● 床下に風が当たらないので、床のゴミが舞い上がらない点はよい
床下から送風口まで高さがあるという理由と、平行に送風されるので、床のほこりが舞い上がりません。

タワー型扇風機 VS 一般型扇風機

床からの高さにもよりますが、寝転がったときにも使う想定であれば、タワーじゃないほうがオススメです。
タワー型扇風機のメリットは、場所を取らない、デザインが素敵、床下のゴミが舞い上がらないという点。
一般的な扇風機のメリットは、価格が安く、掃除がしやすい(取り外して羽部分がふける)、送風の上下角度まで調整できる点。

タイマーの話

他の人の商品レビューをチェック中、タイマーがない商品でもタイマーを後付けできるということを人生で初めて知りました。タイマーをコンセントに入れ、(このタイマーの)差込口にタイマーを利用したい家電のコンセントを差し込むだけ。

15分単位の設定可能とか素敵すぎ☆こんな便利な商品があったなんて知らなかった!

※購入時や使用時には対応ワット数を要チェックしてください。

価格は高くなりますが、アナログタイマーだけでなくデジタル式タイマーもあります。

 - お得なもの, ブログ, 予算, 光熱費