ひとりNAVIコム

1人暮らしの予算・部屋探し・生活費・引越し・防犯対策・トラブル対応などを紹介しています。

贈答品を調査した過程で知った、お祝いの席で使える世に広めたい情報

      2015/11/08

エビスビール時代。その次はアサヒスーパードライ時代。そして現在はキリン一番搾りがブーム。
beer
ブーム以外の銘柄は(自宅では)飲まない。そう語る姉に先日面倒なあるお願いをして、即対応してもらいました。
ありがとうだけでは申し訳ないので、感謝を形にすることにしました。ありがとう10回より現物でしょ。これしか飲まないと言っている一番搾り関連にしようかなと考えました。

色々な案を考え調査しているうちに、口コミしたい情報を得たので文中で紹介(タイミングよく記事掲載5日後の9/1より懸賞キャンペーン!)したいと思います。

考えた贈答品の案

ビール券

送料かかるし、ビール券がいいかな。金券ショップかヤフオクで購入しようかな。
→とりあえず保留。

横浜ビール工場に行ったついでに限定ビールを買う案

限定ビールを購入するという名目で横浜ビール工場に行ってこようかなと思いました。
【受付時間】10時〜17時(休館日を除く)。
京急線「生麦駅」から徒歩10分(特急や急行は止まらない。生麦事件の石碑が駅近くにあるそう。)
2回行ったことがあります。歩くと結構距離あるなー、まだかなーと感じます。

工場限定品を事前に調査。あれ、ビール販売されていない?昔どういうものが販売されていたか、覚えていない…。
→ビール工場には行くかもしれないけど、贈答品に関しては保留。
(追記)知り合いが最近訪れた仙台ビール工場に、下記で紹介のプレミアムビールが販売されていたと教えてもらいました。

工場見学の予約状況を確認すると土日祝日かなり埋まっていました。今年9月のシルバーウィークも空席わずか。連休ビール工場に行って工場見学したいと思ったら取りあえず予約(キャンセル可能)を。無料です。楽しいです(参加経験あり)。最大3杯ビールを頂けます。
※工場見学しない場合は予約不要です。レストランやショップなどの利用目的でも十分楽しいです。レストランの料理はおいしく値段もそんなに高くなく、場所が交通の便がもっと良いところであれば頻繁に行きたいし、忘年会とかで使いたいぐらいです。

キリンHPで限定品を探す

キリン一番搾り慶祝(けいしゅく)ラベル

デザインにうとい私でも知っている清川あさみさんがデザインしたお祝いラベルの一番搾り(※中びん500mlのみ)発見!

キリンHPより
在庫がない場合があるため、ご注文・ご購入の際は、事前にホテル・飲食店や酒類販売店まで、慶祝ラベルの「キリン一番搾り生ビール」とご相談ください。

結婚式とかホテル依頼の特注ではありそうと思うけれど、普通の人でも注文できるって知らなかったー。機会があれば是非利用したいし、誰かに教えたいなと思いました。特に家族の誕生日、退職祝い、還暦、喜寿などのお祝い時に、是非お勧めしたい。

キリン一番搾りだけではなく、キリンラガービールも慶祝ラベル版があります。(ただし清川あさみさんデザインではない。)

いつか利用するときのためにいつも利用している大型スーパー2店舗と近くのコンビニで慶祝ラベルのビールを注文できるか聞いてみたところ、取扱をしていないという返答でした。
あれ?簡単に入手できない?!
通販を調べたところ、決して多いわけではありませんでしたが、販売している店舗を発見することができました!

■キャンペーンが始まりました!

一番搾りハッピーウェディングキャンペーン
応募期間:2015/9/1 0:00~12/25 24:00
応募条件:結婚式等において新郎新婦ご両名と「一番搾り 慶祝ラベル」が一緒に写った写真を投稿。
※参加するにはメールアドレスまたはFacebookかTwitterのアカウントが必要。
A賞:JTB旅行券5万円分/3名
B賞:ル・クルーゼ ミニ・オーバル・ココットペア/5名
C賞:シュピゲラウ ビール クラッシクス ラガー ペア/10名

ついに見つけた限定品「一番搾りプレミアム」

キリンHPの内容をまとめ。

  • 一般的なビールは、一番搾り麦汁+二番絞り麦汁でできている。
  • 「一番搾り」は、一番搾り麦汁だけを使用している。
  • 「一番搾り プレミアム」は、一番搾り麦汁を低温で丁寧に搾ることで、より渋みの少ない一番搾り麦汁を取り出すことに成功した贅沢なビールである。
  • ギフト限定商品。

見つけた瞬間にコレだと思いました。値段しだいで購入しようと思い調べた結果、お手頃価格だったので購入しました。
キリンのホームページで販売されていなかったので、楽天で注文。

一番搾りプレミアム 330ml×11本。送料込で税込2,750円(2,546円)→昨日の時点で最安値。「お礼」の”のし”をつけてもらうことにしました(注文時、備考欄に記載)。

■注文時に連名で送りたい場合の宛先入力についての小ワザ

余談ですが、名字が同じで、氏名を連名にしたい時のネット注文について私が使っている方法。
受取人氏名に「△△様◇◇様」と記入すると記入エラーになって注文画面に移行しませんが、「△△様◇◇様」と入力するとエラーになることなく注文できます(外国の方の氏名対応かと思う)。楽天やポンパレモールで実施済み。多分、他ショッピングサイトでも同じと思う。

<細かい補足>
上記のように「△△様・◇◇様」と入力すると、ラベル表記は「△△様・◇◇様」のように「様」が重複表示となります。重複することを考慮して注文時に「△△様・◇◇」とするとフォーマットによっては「△△様・◇◇  」のような表記になるので、私はあえて注文時の入力は「△△様・◇◇様」としています。
重複がダサいと感じる場合は、連名の最後の「様」は未入力で!

贈答品について語りたい

もらってうれしいもの・迷惑なものについて、先日母と語る機会があったのですが、難しいけれど相手の確実に喜ぶものをあげるのがベストだねという結論になりました。当たり前か。贈答品はセンスが激しく問われるなといつも感じます。
あまり欲しくないものをもらっても、本心ではうれしくないけれど喜んでいるふうにお礼を言う必要がある。場合によってはお返しもしなければならない。逆に本当にうれしいものをもらうと感動するし、後からどれだけうれしかったのかを伝えたくなったりする。

贈答品はありがたいという気持ちで送るので、渡した人に心から喜んでもらいたい。

そういえば母のもらってうれしい贈答品は、お菓子よりオリーブオイルだそうです(年を取ると塩分や糖分について気を使う必要があるから)。

 - ブログ