ひとりNAVIコム

1人暮らしの予算・部屋探し・生活費・引越し・防犯対策・トラブル対応などを紹介しています。

台所の流しをつまらせて、クラシアンにお願いした話

      2019/06/25

台所の排水口をつまらせてしまった話です。
※(注意)この記事は汚れた写真を掲載しています。

台所の排水栓カゴは洗浄のために取り出しており、洗浄が終わったのに、そのままにしていた私。
排水栓カゴにヌルヌル防止の錠剤をくくりつけてから元に戻す予定でした。
たまに野菜を落としてしまっても、穴にハマっている野菜は取れたので、特に不便さは感じていませんでした。

排水栓カゴはこれです↓

そんな、ある日の朝。
朝ごはんであるザルに入ったゆでたパスタを流し近くの鍋ブタに一時的にあげてすぐ、ザルはひっくり返り、パスタは流しの中にすべて落ちてしまったのでした。
パスタは100g。
あっという間の出来事でした(絶句&呆然)。

ゴム製の排水口もヌルヌルするのが嫌で取り外していました。
代わりのステンレス製のものを購入しようとしていたのに・・・。
とんだBADタイミング!!!

自力でトライしてみる→失敗

すべて排水口に流れてくれると思ったのですが、量が多すぎたのかそのまま詰まってしまい、セロテープでくっつけた割り箸や菜箸で取り出そうとするも失敗。
パスタってつるつるして箸でつかみにくい・・・。
そしてパスタもオリーブオイルを混ぜこんでいたので、めっちゃ滑りやすくなっていたのです。

水を流すとシンクに溜まり、少し待つと水が流れてくれるけれど、こんな状態で流しを快適に使うことはできない・・・。
手を突っ込んでみるもちぎれたパスタが数本つかめるだけ・・・。

オーマイガー(涙)!!!

このつまりの下にはパスタがつまっています。
菜箸で押し込む作戦を実施したところ、つまりは悪化。
水を流しても、溜まった状態で流れなくなってしまいました・・・。

混乱しすぎて最終的に、たまった水を手動で捨て、パイプユニッシュを投入し放置してみるも、パスタが溶けるはずもなくお手上げ状態。
台所は刺激臭がしました。

あーもう、手を突っ込むこともできなくなったー!

ネット検索して自分で対処できるか調べてみましたが、シンク下のパイプを破損したり床を水浸しにする可能性があると思い、プロにお任せすることにしました。

業者さんは以前もお世話になったクラシアンさんと決めていました。
電話を調べて、問い合わせしました。

作業料金について

軽いつまりなら8000円(税抜き最低料金)、特殊な機材を使わなければ解消しないつまり(外につながっている排水管のつまり)であれば15000円、と言われました。

スピーディーな対応だった

オペレーターさんに電話し、状況を説明。予算を聞いておく。

すぐ来ていただきたい旨をお伝えし、いったん電話を切って確認してもらう。

だいたい30分後に折り返しの電話。訪問時間を伝えられる。

自分の希望時間もあったのですが、折り返しの電話が来てからして1時間程度で担当者が到着。
業者さんから言われていませんが、つまっていたものを入れるナイロン袋、雑巾やぼろ布などがあれば準備しておくといいです。

作業手順や料金の説明後、作業を開始してくれました。

業者さんが使っていた器材

はじめに使っていたのはコレ。

次に使っていたのはこの道具。

ホームセンターやネットショップで購入できるものですが、特に真空式クリーナーは自分でやるのは怖いなと思いました。
上記の道具を使った後、シンク下のじゃばらホースを外し、つまったパスタを取り除いて頂きました。
パスタを取り除いたあとのシンク下床の汚れも丁寧に拭き取ってくださいました。
外の排水口も流れることを確認して頂きました。

つまりを取り除いて分かったシンク下の問題点

シンク下のじゃばらホースを外した際に判明したいくつかの問題点。
・外の排水口とつながるホースがずれていた。
・前の賃貸者が落とした歯ブラシがでてくる。
・じゃばらホースが寿命をむかえている(見た目は問題ないが経年劣化で固くなっている)。
・防臭キャップがずれていた。

台所シンク下の香りの原因

シンク下の香りの原因は上の箇条書きの最後に書いた「防臭キャップのずれ」でした。
防臭キャップの写真↓


防臭キャップは正しく設置してもらいました。
キャップのずれの他に資材の香りも原因となりうるかもしれないと業者さんはおっしゃっていましたが、1週間経過した今、シンク下の香りが消えたので、キャップのずれが香りの原因だったということが判明しました。
クラシアンさん、本当に感謝です。

管理会社は簡易措置のみの対応だった

引っ越して間もなく台所のシンク下が排水の香りがしたので、不動産管理会社に訴えたことがありました。
食器や調理鍋を置いているので、衛生的に気になりました。
やってきた担当者が「自分の住まいのシンク下のほうがもっと香りがする」と言いくるめられ(たぶん嘘)、ジャバラの根本の隙間を粘土で固めるという簡易処置で終了になりました。

ちなみにじゃばらホースを交換する場合の代金を聞いたところ+5000円でした(※サイズによると思います)。
契約上、原状復帰(原状回復)しなければならないということもあるし、この度の詰まりと関係ないので、頼みませんでした
管理会社に伝えても、かなり高い確率で今使えているので交換しましょうとはならないのでこのままにしておくことにしました。
(香りの件でも適当な対応だったので。)

支払った料金

8,000円から2回目ということで会員料金扱いになり、10%オフ!
7,260円に消費税8%(576円)で7,776円でした。
訳あって収入激減中なので、大変助かりました。

1回目は以前の別物件のお風呂場のつまりでお世話になりました。
ユニットバス(風呂場)の排水口がつまり、クラシアンにお願いした話

昔は現金支払いができましたが、数年前から支払い方法が変更されたとのことで、振り込み支払い(振込用紙の送付)かその場でクレジットカードの支払い(サイン支払い不可)の2択でした。

本当に助かりました。
毎度丁寧なお仕事ぶりでした(大変満足)!

 - トラブル対応